Calmera

福岡の大型ビーチフェス「Sunset Live」への連続出演や、「SUMMER SONIC」の出演経験もある、大阪発エンタメジャズバンド。
直近リリースした3作品が、オリコン週間インディーズチャートに連続してトップ10入りしていることでも話題。
「YATSUI FESTIVAL」や音楽バラエティ番組、コーラスグループ・サーカスなどのバックバンドも行なっており、どんな状況でも対応する演奏力やアレンジ力の評価も高い。
年間200本近くステージに立ち、全員関西人で構成されたメンバーならではのエンタメ感満載のライブでリピーターが増加、近年では各地でチケットが完売している。

2015年、ライブのキラーチューンであった「犬、逃げた。-ver. 2.0-」が、「h.ear ×WALKMAN(R)」(ソニーマーケティング株式会社)のテレビCMソングに起用される。
2016年3月には日本最高峰のジャズクラブ、BLUE NOTE TOKYOにて異例の抜擢となるワンマンライブを開催、満員にて成功を収める。
2016年リリースの7thアルバム「REAL KICKS」がオリコン週間インディーズアルバムランキング初登場7位、同年に活動10周年を記念した8thアルバム「THE PARTY!」(共にB.T.C.Records)が初登場6位を獲得。
2017年にはTRI4THとのスプリット・ミニアルバム「HORNS RIOT」(Playwright)をリリースし、同チャートで初登場10位を獲得。

2016年8月、韓国・大邱国際ジャズフェスティバルに日韓親善のために招待され、2017年9月には同イベントのメインステージに出演。最近ではシンガポール、タイ、台湾など海外からのオファーも多く、国内外から注目されるバンドである。

【HISTORY】
2007年 本格的にライブ活動を開始。
2009年よりDJ須永辰緒氏の定例イベント「World Standard」にレギュラーメンバーに抜擢され出演。
2010年5月に1stアルバム「Hello!!ワールドワイド」をリリース。
2011年2月、“マキ凛花”をフィーチャリングしてリリースした7inchアナログレコード「Everybody Loves My Baby feat.マキ凛花」は即日完売し、JET SETのデイリー、及びウィークリーのランキングで共に1位を獲得。6月、SOIL&“PIMP”SESSIONSがツアーファイナル恵比寿LIQUIDROOM公演にてピックアップするアーティストとして抜擢される。7月、2ndアルバム「KNACK IS THE KETCHUP」をリリース。
2012年2月、JAZZシンガー“akiko”をフィーチャリングした、7inchアナログレコード「Choo Choo Ch’Boogie feat. akiko」がJET SETのランキングでデイリー&ウィークリー共に1位を再び獲得。同月、初の全曲カバーの3rdアルバム「MIX MODERN COVERS!」をリリース。その発売記念ワンマンライブを大阪BIG CATにて行い、超満員で成功させる。3月にはSOIL&“PIMP”SESSIONSの社長が選曲したコンピレーションCD「JPJZ-Beautiful selected by SHACHO」にカルメラの楽曲「A Night In Tunisia」が収録される。8月、4thアルバム「千日前HIGH COLORS」をリリース。全国10箇所以上で「千日前HIGH COLORSツアー」を開催。
2013年3月15日、「大阪卒業式」と題したワンマンライブを大阪BIG CATで開催。4月より本格的に全国進出するべく東京へ活動拠点を移す。6月19日ワーナーミュージック・ジャパン移籍第一弾アルバム「HANZOMON LINE」をリリース。iTunesジャズチャート6位、タワレコ全店J-POPアルバムチャート10位。8月「SUMMER SONIC2013」に初出場。同月、「笑っていいとも!」の新企画「アルタでちょんまげ」にメンバーたなせ(Tb)が出演。番組初の生ちょんまげに挑戦し一気にカルメラの名前は全国区となる。10月から冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)氏から指名を受け、「THE MAN×カルメラ Club Circuit Tour2013」を開催。
2014年2月26日に6thアルバム「ゴールデン・バラエティー」(ワーナーミュージック・ジャパン)をリリース。全国16箇所で『カルメラの「ゴールデンでバラエティなツアー」』を開催。同年からテレビ西日本「ゴリパラ見聞録」の音楽プロデュースを担当。3月、SOFFetの19周年記念ライブ@Billboard Live OSAKAにコラボ出演。6月、PE’Zの新クラブイベント「PE’Z炎上」の第1弾アーティストに抜擢されゲスト出演。
2015年1月、日本を代表するニューオリンズスタイルブラスバンド「BLACK BOTTOM BRASS BAND」と2マンツアーを開催。3月、本格活動開始8周年を記念したワンマンライブ「なんばギンギン大作戦~カルメラが8(ハッチ)周年だョ!全員集合~」を大阪・なんばHatchで開催、1200人を超える動員数を記録した。
人気占い師・ゲッターズ飯田氏からは「今最も運気の良いアーティスト」として紹介され続け、彼が主催する音楽ライブ「ゲッターズ飯田presents POWER SPOT」にも出演した。
6月、都市型エンタテインメントフェス「YATSUI FESTIVAL!」に2年連続で出場。カルメラとしての出演のほか、主催・やついいちろう氏(エレキコミック)から指名を受け、レキシ、Charisma.com、水曜日のカンパネラ、ワタナベイビー(ホフディラン)、片桐仁(ラーメンズ)、蛭子能収らが出演した歌合戦企画のバックバンドを務める。
10月より「h.ear ×WALKMAN(R)」(ソニーマーケティング株式会社)のテレビCMソングにライブのキラーチューンである「犬、逃げた。-ver. 2.0-」が起用される。12月2日に配信限定シングルとして「犬、逃げた。-ver. 2.0-」をリリース。iTunesジャズチャート・シングルランキングを2週連続1位獲得。
2016年1月より全国15箇所で「CALMERA’S WORLD TOUR 2016」を開催。
3月に日本最高峰のジャズクラブ「BLUE NOTE TOKYO」にて、若手では異例の抜擢となるワンマンライブを開催、満員にて成功を収めた。4月20日に7thアルバム「REAL KICKS」(B.T.C.Records)を発売。オリコン週間インディーズアルバムランキング初登場7位にランクイン。
3月、作曲・編曲家の吉俣良氏からのオファーで、西崎ゴウシ伝説(アジテーター)、PAKshin(Key)が「ドクター調査班~医療事故の闇を暴け」の劇伴の共同制作に携わる。また辻本(Sax)が同番組メインテーマのサックス演奏を担当。
4月、全国9箇所で「REALでKICKSなTOUR」を開催。ゲストに鶴、THEイナズマ戦隊、天才バンド、ザ・キャプテンズ、GELUGUGUらを迎える。
6月、bohemianvoodoo、TRI4TH、JABBERLOOPらと5回目となる「JAZZ A GO GO」を東京・代官山UNITで開催。前回のvol.4に続いて完売となる。昨年に続き「YATSUI FESTIVAL!」に出演。恒例となったスペシャル歌合戦のバックバンドを務め松本伊代、六角精児、マキタスポーツ、片桐仁(ラーメンズ)、DJ KOO、ダブルネームらと共演。
8月、韓国・第9回大邸国際ジャズフェスティバルに日韓交流ために招待を受け、出演。
9月、「Sunset Live2016」に6年連続となる出場。
12月7日、10周年記念/8thアルバム「THE PARTY!」をリリース。オリコン週間インディーズアルバムランキング初登場6位にランクイン。
同月、回転寿司「スシロー」のテレビCMソングの演奏を担当。BS11、テレビ神奈川など5局ネット「未来定番曲〜Future Standard~Push!」に出演。
2017年5月10日にTRI4THとのスプリット・ミニアルバム「HORNS RIOT」(Playwright)をリリース。オリコン週間インディーズアルバムランキング初登場10位にランクイン。
同年5月13日に西井”いがっちょ”啓介(Dr)が脱退。
同年5月にバンド名表記を「Calmera」に変更する。
同年7月、シンガポール「Esplanade Outdoor Theatre」のイベントに招待され出演。
同年9月、韓国・第10回大邸国際ジャズフェスティバルのメインステージに出演。

「R-1ぐらんぷり」にてカルメラのロックンロールキャバレーが使用されている。

近年は演奏力・アレンジ力が評価され、SOFFet、サーカス、大西ユカリ、きいやま商店、モノブライト、THEイナズマ戦隊、鶴、Negicco、MICOなど、様々なアーティストからのバックバンド・サポート依頼も多数。

 

Calmera 公式サイト